Img_a2ee994a6d1092af887e5ce2d4a59815
豪雨の寒い中機種変更で何度か携帯ショップへ足を運んだからか?
冷えてしまいました。皆さんはお元気でしょうか?
明日から11月です。というわけで表紙画です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「神戸元町を歩く」
イラスト・文/龍神悦子  (Click!) 

神戸・元町駅から山側に歩いていくと
前から灰色の塊が(かたまり)近づいてくる。
私は、野ブタ!?と驚いた。
慣れ親しんだ道を
歩いているという風貌(ふうぼう)だったので、
とっさに、構ってはいけない!と思った。
すれ違う時、ブゥーブゥーという
息づかいが聞こえた。

その後、待ち合わせしていた仲間に会い
「さっき野ブタに会ったよ!」と言うと、
「そんな訳はないよ。それはイノシシよ!」
街に出てくるイノシシは凶暴で
人をめがけて突進してくると激しく注意された。
あれはもう15年ぐらい前の秋のこと。
Img_bcfe321b89dc189f25c4f677f25cea9b
百舌鳥(もず)という鳥
関西人やから何でも話にオチを求められるのは辛いんですが、
結局オチは作ってしまう(^_^;)という訳で、もうすぐ10月表紙画です。



百舌鳥(もず)という鳥
イラスト・文/龍神悦子

百舌鳥古墳群のある大阪府堺市の
百舌鳥という地域に子どもの頃から住んでいる。
昔、庭の木にとまっていた鳥を見て
家族と百舌鳥だねと話していた。

ところが最近、知人がFace bookに
「百舌鳥を撮りました。」
と画像をあげていたのを見て驚いた!
私が知っている鳥と違うのだ。

どうやら私は、違う鳥を百舌鳥だと
ずっと思っていたのだ。
Img_a61769194cd6e0bfcf4903cd18bce70e
「ごんぎつねと彼岸花」
もうすぐ9月ですが、表紙画です。
子どもの頃は、田んぼが近所にたくさんあったのですが、
ほぼマンションなどの住宅に変わってしまい。
彼岸花もあまり見なくなりました。


ごんぎつねと彼岸花(ひがんばな)
イラスト・文/龍神悦子  (Click!) 


小学校5年生の図画工作で、
「ごんぎつね」の昔話を聞いた後、
心に残ったシーンを
色セロファンを使いステンドグラス風の絵に
仕上げるという授業があった。

私はごんぎつねが真っ赤な彼岸花のそばで、
兵十の母の葬儀を見て、悪戯(いたずら)したことを後悔する
シーンを作った。

通学路の田んぼに彼岸花が咲いていた時期で、
彼岸花が上手く仕上がったのをよく覚えている。