Img_88e6ca4ee6be2197d1974aca2a1f2014
「大きな子鯉」
さて5月です。表紙画です。

タイトル「大きな子鯉」

子どもの頃、隣家に3兄弟の従兄弟が住んでいた。
春になると立てられたポールには三匹の鯉が泳いでいた。
大きな黒の真鯉が、お父さん、
中くらいの赤の緋鯉が、お母さん、
小さい青の子鯉が、子どもと聞いていた。

ある日、小さな子鯉が外れて飛んでいってしまい
慌てて隣りの叔母さんが探しに行った。
見つけてきた子鯉は、空では小さかったのに、
叔母さんの手の中では大きくてとても驚いた。
近頃は、近所で鯉のぼりを立てる家は
ほとんどなくなった。