Img_5be0c6779f1c1a480d95dc4774874782
Img_2b2cd3e1033129dd7ac91addfa2babdc
明後日から11月です。
茶道は奥が深くて面白いのですが、
お稽古を少しでもサボってしまうとまったく手順を思い出せないというボケボケを繰り返しています。とほほ(^_^;)さて表紙画です!

 (Click!) 

「口切の季節」

茶道教室で、茶葉を粉末にし抹茶をつくるため
初めて「石臼(いしうす)を挽(ひ)く」という体験をした。
その抹茶で点(た)てたお茶は、
香りが良く味にコクがあった。
私は石臼を触るのも初めてで、
よく出来た道具だと感心した。

茶の湯の世界では、新茶を使い始めるのが11月。
春に摘(つ)んだ葉茶を、茶壺に入れて封をし保管する。
11月は、その封の口を切って使い始めるので
“口切の季節”と言われることを知った。