Img_f5db0cff4740ff421eb207ecbe80416a
もうすぐ4月ですね。そんな訳で表紙画です。
私はタケノコ好きなの早く食べたいと思うのは皆さん同じでしょうが、、、、

-------------------------
おいしい筍(たけのこ)

イラスト・文/龍神悦子  (Click!) 

筍が一年ぶりに
固い地面を割っていっせいに生えて出てくる。
そんな4月、近くの公園の竹林に
「薬をまいていますので筍を取らないように」
と印刷された注意書きが、何枚も貼られていた。

以前、母が友達の竹林で筍掘りを楽しんでいる時、
パトカーで巡回中の警察官に
何をしているのか?と尋ねられたそうだ。
母は、竹林の持ち主と一緒に来ていると
説明したとのこと。

筍泥棒に困っている人が多いのだと
改めて知ったのだった。
Img_1bfe87525c6ca5ce70844488f5b941ff
赤い記憶
少し早いですがもうすぐ3月です。
表紙画ですが私としたことが、、2月3月とピンク色が続いてしまいました(^_^;)一応似かよった色が連続しないように心がけてはいるのですが、、、、。



タイトル「赤の記憶」
イラスト・文/龍神悦子  (Click!) 

茶席で赤い野点(のだて)傘や毛氈(もうせん)を見ると、
こどもの頃に雛壇(ひなだん)の後ろに入るのが好きで、
よく入っていたことを思い出す。

昼間、そこにいると赤い光が透き通って見えた。

ある日、いつものように雛壇の後ろに入ったら
金具で親指の付け根を切ってしまい
赤い血が出た。
母に叱られ、それからは入らなくなった。

赤い色彩は鮮明に覚えているのに、
雛壇が5段だったか7段だったかは
どうしても思い出せない。
Img_c22f7524414f9b491eabc3aa30ccfa06
「寒紅梅が咲く」
さて本日のギャラリーいろはにの在廊は13時~18時となります。
そして2月の表紙画をお届けが遅くなりました。
この表紙画の原画はギャラリーには展示していませんが絵の兄弟はおります(同じシリーズの作品)


「寒紅梅が咲く」
イラスト・文/龍神悦子  (Click!) 

あれは2月、
和歌山へ家族旅行に行った時のこと。
「梅がきれいだよ」
タクシー運転手さんの勧めで向かった先、
そこで観たものは、濃いピンクの寒紅梅。

まさに、満開だった。
おそらく100本はあったかと思う。
昼日中(ひなか)に、妖艶(ようえん)という表現が的確か分からないが、
花の美しさに生気(せいき)を吸い取られてしまいそうな
ムッとした空気が漂い(ただよ)、不思議な気持ちになった。
怖いぐらいの美しさだった。

その美しさを、
私たち家族が独占してしまった。