Img_c4a7131b6ff49ba25f5263c366dee83c
Img_22d36b0475a6d31f1df9689dd09fd866
新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
ありがとうございます。
引き続き本年もよろしくお願い致します。

そしてそして皆様のご多幸をお祈りいたします\(^o^)/\(^o^)/

さて、表紙画も「アトリエかわい」でのエピソードです。
年賀状が62円と値段が上がりLineやメールなどでご挨拶をすることが多くなりました。
皆さんはどうされていますか?

タイトル「年賀状も作品」
イラスト・文/龍神悦子  (Click!) 

今は亡き画家のK先生のアトリエへ
新年の挨拶に行ったときのこと。
先生に届いた300枚以上の年賀状を
私も一緒に拝見した。

創作活動をしている人からの年賀状がほとんどで
一枚一枚力の入った絵が描かれていたり
創意工夫のオンパレードで見ていて楽しかった。

「なかなかしゃれていて、いい絵だなぁ」
と先生が仰った。
私は心の中でガッツポーズをとった。
それは私が送った年賀状だったからだ。
「先生! それは私のです!」
と力強く答えたことを覚えている。
Img_be966ddb6619c0b0667834f25a83b878
Img_c93286c327e75867bde1eee982eed496
明日から2月です。
という訳で表紙画です。
私は今年は個展などがありネパールには行けないのですが、
思い出として絵にしました。


●表紙絵
タイトル「ネパールの美しい山々」
イラスト・文/龍神悦子  (Click!) 

2月にネパールのナウリコット村へ
現地の子どもたちの絵画指導に行った時のこと。

事前の説明で
「高山病に気をつけないといけないよ」
と言われ
「どんな人が気をつけた方が良いのですか?」
と質問すると
「若い人。走ったり、はしゃいじゃうから」と。
別に私は若くないから、大丈夫だと思った。

ナウリコット村に着いた時、山々の美しさに
感動のあまり「おお~凄い!!」と叫んでしまった。
滞在した一週間は、高山病なのか
ずっと頭が少し痛かった。